影鷹 - ビルド方法

概要

影鷹は Apache Ant を利用してビルドします。もし、Ant についてよく分からなければ、インターネットで検索すれば沢山ドキュメントが出てきます。今回はすでに用意されているものをビルドするだけなので、Ant をダウンロードして解凍した後、環境変数 ANT_HOME を設定するだけです。それと、PATH にも通しておいた方が便利でしょう。また、JAVA_HOME が設定されていないと Ant は動かないかもしれません。

ソースを入手した後は、build.properties というファイルを用意する必要があります。それさえ準備できれば、あとは ant コマンドでビルドするだけです。

必要なソフト

影鷹のビルドに必要なソフトは以下のものです。

Ant のオリジナルタスクを利用してコンパイルするので、Ant が無いとビルドできません。Ant のバージョンですが、1.6 で追加された機能を使っているので、1.6 以上でないと動かないので注意してください。また、Ant のタスクで正規表現を利用しているので J2SE SDK の 1.4 以上が必要です(他の正規表現ライブラリを利用したり、build.xml を修正すれば、それ以下でもビルドできるかもしれません)。JDK 1.1 は、コンパイル時の bootclasspath に指定しています。どうしても手に入らない場合は、必要有りません。

さらに、配布パッケージを作るには以下のものも必要です。

.NET Framework SDK、Inno Setup、lha コマンドは、Windows 版の配布パッケージを作成する際に必要です。Windows 用の配布パッケージを作らない場合は必要有りません。.NET Framework SDK は、Microsoft の C コンパイラがあればいいので、VisualStudio 等でも問題有りません。lha コマンドは、WinSFX32M が作成出来る(-gw3 オプション)必要があります。個人的には LHA for Win32UNLHA32.DLL を利用しています(これを利用する場合は、ファイル名を lha.exe に変更する必要があります)。

ソースの入手

ソースを入手します。リリースしたパッケージのソースファイルか、CVS リポジトリのいずれからかダウンロードします。CVS についてよく分からない方は、リリースパッケージからダウンロードしてください。

設定

ソースパッケージ(あるいは CVS)をダウンロードし展開した後、ビルドするために必要な設定があります。ソースパッケージを展開したディレクトリ(build.xml のあるディレクトリ)に、build.properties というファイルを作り、その中に JDK 1.1 の classes.zip のパスを指定します。

bootclasspath=/usr/jdk118/lib/classes.zip

build.properties の中に書くのはこの1行だけです。他に指定できるものもありますが、ほとんど指定する必要はありません。詳しくは、build.xml の上の方を調べてみてください。

JDK 1.1 がどうしても手に入らない場合は、ここに classes.zip ではなく、J2SE SDK の rt.jar を指定することも出来ます。場所はたぶん ${JAVA_HOME}/jre/lib/rt.jar です。

ビルド

Ant の設定が終わっていれば、build.xml が有るディレクトリの下で、次のコマンドを実行するとビルドが行われます。

  $ ant

ビルドによって作成されるファイルは、すべて out ディレクトリの下に作成されます。クラスファイルは out/build というディレクトリが出来、その中の browser, applet 以下にコンパイルされた class ファイルなどが配置されます。この状態で影鷹ブラウザを起動するには次のようにします。

  $ java -cp out/build/browser net.hizlab.kagetaka.viewer.Loader

動作に問題がないようならば、jar ファイルを作成します。あるいは、CVS にある sample/applet.html を利用してアプレットのテストをする場合も jar ファイルを作成する必要があります。

  $ ant jar

これで、out/dist 内の lib 以下に jar ファイルが作成されます。

Windows 用の配布パッケージを作る場合には、IEWrapper.dll と kagetaka.exe をビルドする必要があります。src/ext/win32/iew, src/ext/win32/launcher のそれぞれのディレクトリ下で、.NET Framework SDK(あるいは VisualStudio)の nmake を使ってビルドしてください。

Ant ターゲット

影鷹の build.xml で定義されている Ant のターゲットの簡易一覧です。これ以外にもありますが、直接ターゲットとして指定してもあまり意味のないものです。パスは、build.xml の存在する src ディレクトリからの相対パスです。

ターゲット名 効果
compile.browser 影鷹ブラウザに必要なファイルのみをコンパイルします。
compile.applet 影鷹アプレットに必要なファイルのみをコンパイルします。
compile デフォルトターゲットで、../build/classes の下にコンパイルを行います。
build build を行った後、ビルド番号の更新を行います。
jar jar ファイルを作成します。
javadoc ソースファイルから Javadoc を利用して API ドキュメントを作成します。
dist.unix UNIX 用のパッケージファイルを作成します。
dist.win Windows 用のパッケージファイルを作成します。kagetaka.exe.、IEWrapper.dll を事前にビルドしておく必要があります。また、lha, iscc コマンドが必要です。
dist.src ソースのパッケージファイルを作成します。
dist すべてのパッケージファイルを作成します。dist.unix, dist.win, dist.src をすべて実行したのと同等です。パッケージファイルは、out ディレクトリに作成されます。この作成先を変えたい場合は、build.propertiespackage.dir プロパティでディレクトリを指定する必要があります。
clean コンパイルしたものだけを削除します。jar ファイルなどは削除されません。ソース中の public なフィールドやメソッドを変更した場合は、安全のために、これを実行した後にビルドする必要があります。
veryclean ant によって生成したファイルをすべて削除します。基本的に build, dist ディレクトリを削除します。作成したパッケージファイルは削除されません。
Copyright (c) 2002-2005 The Kagetaka Project