影鷹 - FAQ

影鷹ってどんな意味?

おそらくこの質問は、発起人の岩田氏が答えてくれるでしょう。私も一度説明してもらったので、理解しているつもりですが・・・。私からの説明はやめておきましょう。

なぜ縦書きなの?

日本の文字は、本来縦に書くように作られています(小学生の頃の書き初め大会では、みんな上から下へ書いたでしょう?)。従って、日本語の文章に限って言えば縦に書き、上から下へ文字を追っていく方が読みやすいのです。まあそんなわけで、縦に表示するブラウザがあってもいいでしょ?

その割には縦書きが読みにくい気がするけど?

一つは、コンピュータ上で縦書きの文章を読むのになれていない、というのが有るかもしれません。しばらくすれば違和感はなくなると思います。少なくとも私は慣れましたよ。

それ以外では、利用しているフォントが悪いかもしれません。ほとんどのフォントは、文字を横に並べて表示させたときに美しいようにデザインされています。縦書きも考慮してデザインされたフォントを使ってみてください。えっ、どんなフォントがあるのかって? 誰か私にも教えてください。まあ、少なくとも、縦書きに MS UI Go... ってやつは使わない方がいいでしょう。

なぜ HTML を表示するようにしたの?

私たちは最初、XML を利用した専用のファイルビューアの作成を考えていました。でも、いろいろ考えた結果、HTML を表示することにしました。なぜなら、結局のところ HTML に非常によく似た XML になってしまいそうだったからです。世の中にはすでに多数の HTML ファイルがあり、HTML ファイルと作れる人は沢山います。HTML と CSS の完全対応は遙か彼方ですが、私たちは目標に向かって前進しています。

影鷹ブラウザで選択できないメニューがあるけど?

常に選択できないメニューは、単に機能が実装されていないだけです。私たちはこういった機能が必要だと考えていて、いずれ実装するつもりです。いつ実装されるかは、誰も保証できませんが、SourceForge 上で意見を出せば、実装される時期が早まるかもしれません。

もし、自分が実装したい(大歓迎です)という方は、作業を始める前に回りに声をかけてみてください。もしかしたらよりよいアイディア(あるいは、さらなる要望)が出るかもしれません。そして、作業内容が重なってしまうと言う事態を避けることが出来ます。

検索バーはありませんが、影鷹のブックマークに「ショートカット URL」という機能があり、これと併用して検索エンジンを利用することが出来ます。それでは、その使い方を説明しましょう。

  1. 「ブックマーク」メニューから「ブックマークの編集」を選択して、ブックマークマネージャを開きます。
  2. ブックマーク一覧を右クリックし、「ブックマークを挿入」を選択します。
  3. 名前に「Google - g」、URL に「http://www.google.com/search?hl=ja&q=%s」、ショートカット URL に「g」と入力して、OK を押して閉じてください。
  4. ブックマークマネージャも閉じてしまいましょう。

これで準備は整いました。影鷹ブラウザのアドレスバー(URL を入力する場所)から、「g 影鷹」と入力してみてください。Google で「影鷹」を検索した結果が出るでしょう?

実際のところ、アドレスバーに入力された文字列は、まずブックマーク中のショートカット URL に該当するものがないか調べられます。該当した場合、そのブックマークの URL を表示しますが、そのとき URL 中に %s があると、アドレスバーに入力された文字列から、最初のスペース以降の文字で置き換えます。まあ、つまり、簡単な検索程度なら出来るというわけですね。そのほかにも、いくつか例を挙げておきましょう。

  1. Google 日本語のページのみ

    http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&q=%s

  2. goo 国語辞典

    http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?sw=2&MT=%s

  3. Vector (Yahoo)

    http://search.download.yahoo.co.jp/bin/v_searchf?y=y&p=%s

  4. コンピュータ用語事典 (@IT)

    http://www.atmarkit.co.jp/search_exec.shtml?query=%s&searchtype=all&sort=score&max=10

動作が遅いよ!

確かにこれは、私たちも問題だと認識しています。現在遅いと思われる箇所は、次の通りです。

  1. img タグで width, height 属性が無い場合

    他のブラウザでは、大きさが不明な画像は、適当な大きさだと仮定しレイアウトを決め、画像のサイズが判明した時点(画像の読み込みとレイアウト処理は平行して行われる)で、再レイアウトを行っています。影鷹はこれが出来ないので、画像を読み込みサイズが判明するまで、レイアウトを中断します。これを避けるには、width, height を必ず指定することです。

  2. table タグの大きさの計算が遅い

    セルの数が少ないテーブルでは大した影響は受けないと思いますが、セルの数が膨大になったり、colspan, rowspan を多用していたり、テーブルが沢山ネストしていたりすると計算に時間がかかります。

  3. body タグ直下のブロック要素毎に表示される

    これは現時点の仕様ですが、body タグ直下のブロック要素毎に画面に表示するようになっています。例えば <body><div>...</div></body> となっていたら、div の中身がすべて確定するまで画面には表示されません。従って、Web ページのレイアウトのために、全体を大きなテーブルでデザインしている場合などは、すべてを読み込み、位置の計算が終わるまで表示できません。

  4. 「戻る」が遅い

    アプレット版にはキャッシュが実装していないため、毎回 HTML を読み込む必要があります。そのため、初めて表示する場合と、「戻る」で表示する場合に、速度差はほとんどありません。

残念ながら、これらがいつ改善されるかは全く分かりません。なぜなら私たちは、まだ必須と思われる機能で未実装なものを作るのに時間を取られているからです。

もう一つの選択肢として、Java をネイティブなコードに変換するツールがあります。この手のツールは何種類か出ていますが、影鷹プロジェクトでは Excelsior JET というツールでの動作を確認しています。興味のある方は、影鷹を JET で動かす方法 を参照してみてください。

表示が崩れるのだけど?

残念ながら、HTML のサポートが完全ではないために多くの問題を抱えています。以下に表示が崩れる原因を挙げます。

  1. テーブルが分割されているようだ

    これは、一部のタグが省略されている場合に起こります。影鷹は、タグが省略されているのを発見した場合、そこに本来あるべきであろうタグを補いながら表示を行います。しかし、この動作が他のブラウザと異なるために、他のブラウザでは問題なくても影鷹ではうまく表示できなかったりします。これは、HTML に問題がある場合が多いのですが、他のブラウザで表示できる以上は、影鷹が対応する必要があると認識しています。私たちはこの現象が起きる事例を広く募集しています。

  2. なんか、リンクの色がおかしいようだ

    これは、CSS のサポートで、リンクに関する疑似クラスセレクタ(a:link など)がサポートされていない影響です。これも、広く利用されているにもかかわらず、影鷹でサポートされていない機能の一つです。

  3. 微妙に隙間が空いていたり、詰まっていたりする

    スタイルシートのサポート/未サポートによる違いではないとしたら、HTML のバージョンによるブラウザの挙動の違いからくるものかもしれません。例えば、Mozilla は、HTML の種類により Standard モードや Quirks モードといったモードが選択され、同じタグでも微妙にレンダリングを修正しています。Internet Explorer も同じように、DOCTYPE 宣言の書式により挙動が違うことが知られています。

    影鷹は、HTML のバージョンによって挙動を変えることをしません。将来的には、この機能をサポートするべきであると思っていますが、今現在は大雑把に中間的な振る舞いをするようになっています。

もし、ここで上げた以外のおかしなことが起きたら、SourceForge 上で報告してみてください。

影鷹アプレットで表示されないことがある!

表示されたり表示されなかったりする場合は、たぶんメモリー不足に陥っています。私のマシンにはメモリーが沢山積まれているのに・・・、と嘆かないでください。アプレットが利用できるメモリは、マシンに積まれているメモリとは関係なく、とても少なく制限されているのです。従って、これを解決する唯一の方法は、影鷹で表示しようと思っているページを、複数に分割することです。

影鷹アプレットで利用するメモリー量は、アプレットの大きさとスクロールする量(つまり、実際にレイアウトされた画面の大きさ)に比例します。また、画像数にも影響を受けます。正確な数値を出すのは難しいですが、アプレットのサイズが 500 x 500 程度の大きさの場合、スクロールが 10 ページを超えるようだったら、分割を考えた方が安全でしょう。

影鷹ブラウザでメモリー不足がおきるのですが?

上の「影鷹アプレットで表示されないことがある!」で説明したとおり、アプレットに限らず、影鷹から利用できるメモリは限られています。しかし、影鷹ブラウザは、影鷹アプレットとは違い、その制限を引き上げることが出来ます。次に、そのやり方を示します。

  1. Windows の「スタート」メニューから、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. "C:\Program Files\Kagetaka\bin\kagetaka.exe" -J-Xmx256m」と入力します。ちなみに、C:\Program Files\... は、自分が影鷹をインストールした場所に合わせて修正してくださいね。
  3. OK ボタンを押します。

これで、影鷹から利用できるメモリ量は 256M バイトになりました。たぶん、デフォルトの状態では、64M バイトしか利用できないはずです。4倍ものメモリが利用できるようになったので、ほとんどのページが表示できるでしょう。もし、あなたのマシンにとてもたくさんのメモリが積んでいるようであれば、-J-Xmx256m-J-Xmx512m とか増やしてもいいでしょう。もし、毎回この設定を使うのならば、ショートカットを作成しておくのをお勧めします。ちなみに、スタートメニューに登録してあるショートカットでは、-J-Xmx128m と指定されているはずです。

Windows 以外のユーザも基本的には同じ要領です。kagetaka.sh を使って起動している場合は、ADD_VMOPTIONS に -Xmx512M とか指定してみてください。-J は影鷹ローダー用のオプションなので、付けてはいけません。がんばって!

なんで、影鷹アプレットは old なのですか?

アプレット自体が old と思っているわけではありません。これは、影鷹が将来 Java のオプションパッケージとして配布が可能となった場合に、そのオプションパッケージを利用するアプレットを old ではなくリリースしたいと考えているからです。

オプションパッケージの形態を取った場合、初回(とバージョンアップ時)にのみ影鷹をダウンロードし、それ以外のアクセス時には、非常に小さいアプレット(たぶん、20K バイト程度でしょう)をダウンロードするだけです。しかもこの小さいアプレットでさえ、Java Plug-in がキャッシュしてくれるようになります。

このように、オプションパッケージは魅力的ですが、この機能を利用するには Sun の Java Plug-in をインストールしなければなりません。現在私たちは、このオプションパッケージをリリース出来る体制が整っていませんが、余り急いでいません。

国際化対応の予定はありますか?

現在のところ、全くその予定はありません。縦書きが必要な言語がどのくらい有るか知らないのです。

Copyright (c) 2002-2004 The Kagetaka Project